2009年01月27日

観劇評 パルコ・プロデュース「リチャード3世」


やっとこさ我が家にエアコンも装着され、陣容が整ってきた今日この頃です。

上のニュースについて。この間23回目の優勝を決めた朝青龍。相撲にはあまり関心がありませんが、最近思うのは、朝青龍の悪役への仕立て方や、話題の煽り方を見るにつけ、「相撲のプロレス化」が進んできたなあということですかね。

さて。幸運なことに見たいと思っていた芝居に行けたので、今回も観劇評を書きたいと思います。前回の「パイパー」からそんな経たないうちに演劇ネタ。しかもまだ公演が終わらないうちに。これまでとはえらい違いです。

超人気の劇団☆新感線の演出家であるいのうえひでのりが演出し、看板役者・古田新太が主演を果たす「リチャード3世」を見に、赤坂ACTシアターに行ってまいりました。休日なのにすごい人だかり。「まさかリチャードを見にこんなに!?」と思ったのですが、どうもそれは勘違いだったようで、隣がAKASAKA BLITZなので、そっちの公演を見に来た人たちでした。やたら若い女の子たちが行列をなしており、会場スタッフが「整理番号300番台のお客様は〜〜」なんててんてこ舞いで点呼していました。おそらくはジャニーズのライブとか、そんなのがあったのでしょう。

それに比べりゃACTシアター前で当日券を求めて待っているお客はごく少数。その顔ぶれも、きゃあきゃあ言ってる女子たちを横目に、わしも含めてなんか立ち枯れてしまった古木のような人ばかり…。こっちのスタッフはさぞ御し易かろうね。

さてわたくし、今回はラッキーなことに、当日券にもかかわらず前から8番目、しかもほぼ舞台中央という好座席。当日券でこういう席が空いていることもあるのね。ヒットマンがこの席を背後から狙っているということでもなければ、これはとんでもなく幸運な部類に入る出来事でしょうね。

開場時間まで近場のカフェで時間を潰し、いよいよ場内へ。座席に到着すると、これはとんでもない近さである。飛び散る役者たちの汗まではっきり見えそうな。そもそもほぼ毎回当日券で芝居を見に行くわしが、こんなに前方に座れたことがかつてあっただろうか……。そう、思えば一度だけ、ポツドール「夢の城」をふらふらっと当日券で見に行き、最前列に座らされてとんでもないものを見せられた記憶がある(それはそれで、今思えば得難い経験である…)。あってもそのくらいじゃなかろうか。

前から8番目の席で舞い上がるわしを、さらに有頂天にさせたのは、わしの後ろの列に座っていた御仁の存在である。なんと敬愛する個性派俳優(とお呼びすればよいのか)、梶原善さんが座っているではないか!!

新感線とはつながりも深そうだし、やはり舞台は見に来るのだなあ。そしてプライベートではこんなおしゃれな格好をしているのだなあ。相変わらず、人を食ったような顔をしているなあ(失礼過ぎ)。…などと、何度もチラ見しながら、思う。本当に、日ごろ善行を重ねてきて、よかった。

さて、そんなこんなで幸運がたくさん重なった記念すべき公演のレビューを以下に。例によってネタばれには配慮しますが、どうしても内容には触れちゃいます。

あらすじ。

中世のイギリス。イングランド王位を巡って血みどろの争いを繰り返すランカスター家とヨーク家の争いは、リチャード3世(古田新太)らの活躍により、ヨーク家の勝利に終わる。新しいイングランド王となったヨーク家の長男・エドワード(久保酎吉)は、妃としてランカスター家貴族の未亡人エリザベス(久世星佳)を迎える。妃となった彼女は自分の血族を要職につけ、権力の基盤を固め始める。面白くないのが、ヨーク家の次男・クラレンス(若松武史)や三男・リチャード3世、そして長年ヨーク家に仕えてきた重臣たちである。エドワード王の手前、表面的には友好を装う両勢力。だが水面下では、虎視眈々と王位を狙うリチャード3世によって、血生臭い謀略が少しずつ進められていた…。

感想。一言でいうなら、かなり「がっかりだった」。

劇団☆新感線(今回主催はパルコ・プロデュースだが)の持ち味は、過剰な音と光を観客に浴びせつつ、歌ったり踊ったり、刀を振って大立ち回りしたりと、ダイナミックな演出でお客の心を惹き付けておき、ストーリー上の重大な節目では役者にかっこよく「キメ」の言葉を言わせて、「やられた〜っ」と骨抜きにさせる、そんな「蝶のように舞い、蜂のように刺す」芝居の運び方にあると思っています。

そういう意味で言うと、今回の芝居には「蝶」の要素も「蜂」の要素もまるでなかった。ゼロではないにせよ、ないに等しかった。自分が新感線の芝居を見て得ようとしているある種の「爽快感」というのが、今回は得られませんでしたね。

歌なし踊りなし、戦闘シーンはお約束なので申し訳程度に。それは仕方ないとしても、シナリオ上特に山場も作られておらず、見ている方としては退屈だった。シェイクスピア劇なので、修辞に満ちた長いセリフ回しが随所にあるのだが、そこも見せ場になっていない。それぞれの登場人物はもはや、リチャード3世に消されるためだけに登場しているくらいの存在でしか描かれておらず、肝心のリチャード3世も、どうして彼がこんなに世の中を憎み、王位に執着しているのかが見えてこない。身体的なコンプレックスを象徴させる顔の痣や背中の瘤、足の不具合も、「これがリチャード3世です」ということを示すためにとってつけたようなお飾りでしかない。また、彼の人格形成に大きく関与していると思われる実の母親とのやり取りも、全体のパーツとしては随分と淡泊な描かれ方で終わった。

舞台終盤ではリチャード3世が落ち目を迎えるわけだが、そのシナリオの運び方にしても、すべてがあまりにも唐突。特にラストシーンは、「えっ、これで終わりなの?」という印象を持った人が大多数だと思う。これまでの展開で披露された内容が、あまりにも消化不良のまま終わってしまうからである。

悪を描いた作品ならば、これまでの新感線の「朧の森に棲む鬼」とか「野獣郎見参」とかのほうが遥かに見ごたえがあり、しっかりと「悪」のキャラクターを描き出せているような気がする。今回は、「リチャード3世って、いったいなんだったの…??」ということで終わってしまいかねない。哀れなのか、愛着すら感じるのか、はたまたとことん憎むべき存在なのか、まるでわからないのである。

最後に、さすがに悪評ばかり書くのもあれなので、よかった点を書いておきます。まず、衣裳。衣裳だけで相当笑いを取っておりました。あとは時代設定として、現代を織り交ぜているところ。携帯電話で密通していたり、テレビの中継入りで演説したり。面白かったのは、マックのハンバーガーを食い、パソコンでひたすら「死ね死ね死ね…」と書き込んでいるリチャード3世の姿です。場合によっては、権力の座とかは本当はどうでもよくって、ちょっとしたことがきっかけとなってとにかく誰でもいいから人を殺そうと思ったという、いわゆる「現代の通り魔殺人者風・リチャード3世」の方向に思い切ってシフトしてみても面白かったんじゃないでしょうか。

…という感じで、いくつかの幸運に恵まれた割に、肝心の芝居は「うーん」というような内容でした。これで幸運と言えるのかどうか。公演はまだ続いていますが、金額も安くはないので、そこまでおすすめはいたしません。

それでは、今回はこの辺で。


パルコ・プロデュース「リチャード3世」
2009年1月19日〜2月1日
赤坂ACTシアター

作 ウィリアム・シェイクスピア
演出 いのうえひでのり

キャスト

古田新太
安田成美

榎木孝明
大森博史
三田和代
銀粉蝶
久世星佳

天宮 良
山本 亨
増沢 望
西川忠志
川久保拓司
森本亮治
逆木圭一郎
河野まさと
村木 仁
礒野慎吾
吉田メタル
川原正嗣
藤家 剛

久保酎吉
若松武史

ほか
posted by サイダー at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。