2007年12月30日

我々は何処へ行くのか

今年ラストの記事になります。最後に本当に言いたかったことを書きます。

先日の新聞で、大変ショックな記事を見ました。パキスタンのブット元首相爆殺ではないです(それももちろん衝撃的だったけど)。日本の国民一人当たりの国内総生産(GDP、名目ベース)が、OECD参加国内で18位に順位を落とし、全世界でのシェアは10%を切ってしまった(9.1%)という記事です。

国全体で見れば、日本はアメリカに次ぐ第二位。順位を落とした背景には、GDPの算出がドルベースで行われ、円安の日本が不利になり、ユーロ高のヨーロッパが有利になったということもあります。世界との比較なので、日本の中だけ見ている分には何も動きは無いかもしれない。別に生活が貧しくなったとか、そういうわけではない。

世界における日本の影響力が、どんどん小さくなっているという、ただそれだけのことです。


「アメリカに次ぐ、世界第二位の経済大国」


そういう言葉を、小学校や中学校の社会科の時間に本当によく聞いていました。大学入試の試験や大学に入っての課題で、「世界に対して日本が果たす役割」について、日本語、時には英語でレポートを書いた記憶があるけれど、そのときも馬鹿のひとつ覚えのように、「大きな経済力を持つ先進国として…」というようなフレーズを遣っていた気がします。

幼少の頃からの繰り返しの刷り込みのせいか、自分の中では、日本という国は「世界第二位の経済大国」であり、それを出発点として、日本のあり方、日本と他国との関係性を考えていたんですね。

もちろん、中国などBRICsと呼ばれる国々やアジア諸国は数年前から目覚しく経済発展していたわけだし、アメリカがアジア外交のプライオリティを日本から中国にシフトしたのも、一昨年前から顕著になってきてはいました。

そういう事象は日々いろいろと頭に入ってくるのだけれども、やはり思考の中枢には、「世界第二位の経済大国」という言葉がずっと居座っていた。

それが、あの記事を見た途端に、なんというか、さーっと頭の中から剥がれ落ちていったというか。「経済大国」という言葉が本当に寒々しいものでしかなくなってしまいました。確かに、いまだに世界で第二位ではある。けれども着実に、世界の中で順位を落とし続け、影響力を失い続ける様子が、頭の中に描けてしまった。同時に、悲しいことだけれど、「日本とは何か」を規定する言語が、自分の中に見つからなくなってしまった。

こういう話は、前々から議論されていたことで、特段目新しい話題ではないのかもしれませんが、自分の実感値としてここに記しました。教育機関による子供への刷り込みが良いか悪いかは別として、少なくとも俺は「世界第二位の経済大国」という言葉によって日本を捉え、それをベースに物事を考えてきた時期がありました。今それがなくとも、少しは物事を見知った人間に成長しましたから、またいずれ日本像を再構成することもできましょう。

もしも日本人に共通の現象として「世界第二位の経済大国」が失われているのだとしたら。今まさに、学校に通っている子供達に、我々は「日本」をどう伝えればよいのか。薄ら寒いものを感じながらも「世界第二位の経済大国」を貫き通すのか、全く新しい日本の姿を指し示すのか、だとすればそれはいったい何なのか。それとも、何も伝えられないまま、「大人」にしてしまうのか。

来年は衆議院が解散し、総選挙が行われる公算が大きいようです。勝つのは自民党でも民主党でも、どちらでも良いのかもしれない。

我々は何処へ行くのか。この問いに答えてくれさえすれば。
posted by サイダー at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。